俳句・短歌のページ
書けそうで 書けないものが 日記かな


横たえて ソファーの上で仮眠する
糟糠の妻に 感謝する我れ


ケセラセラ 日々の生業ことの葉も
戻らぬ盆の 水なればなり


過ぎ去りし 日々の生業 省みて
    悔い無きことに 心やすみて


過ぎ去りし 日々の想いを省みて
悔い残すまじ 以後の半生
HOME 写真のページ リンクのページ掲示板

桜散り 端午の節句近づいて
  時間(とき)の流れの 速さをぞ知る。